トップ > 院長・スタッフの紹介

院長・スタッフの紹介

院長ごあいさつ

 木村クリニックでは内科一般はもとより呼吸器疾患、循環器疾患、血管疾患、生活習慣病の診断と治療を4本柱としています。 人は血管から老いると言われており多くの病気の原因となる動脈硬化症を発見する頸動脈エコー(診察室で行います)やタバコ病である慢性閉塞性肺疾患(COPD)の予防に有効な禁煙外来にも特化しております。 生活習慣病の有無につきましては7月1日から始まる伊勢市の特定健診を受けて頂いくことでチェックできます。 近隣の総合病院や医療機関と密接な連携を取りながら地域の皆様のお役に立てる医療をさらに目指しスタッフ一同誠心誠意努めてまいりますので何卒宜しくお願い申し上げます。

 

呼吸器疾患におきましては肺炎、肺気腫、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息、肺癌、自然気胸などの診断と治療に力を注いでおります。

なお、喫煙者で息切れや最近痰が多いなどの症状がある方は最近急増している慢性閉塞性肺疾患(COPD:タバコ病)の疑いがありますので当院で呼吸機能検査での診断が簡単に行うことができます。慢性閉塞性肺疾患の治療は勿論、この怖い病を予防する禁煙外来も非常に良好な成績を収めています。

 

循環器疾患におきましては高血圧、狭心症、心筋梗塞、不整脈、弁膜症、心不全などの診断と治療に力を注いでおります。

血管疾患におきましては閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤、大動脈瘤、頸動脈狭窄(硬化)症などの診断と治療に力を注いでおります。

 

生活習慣病とは、厚生労働省によると「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義されています。具体的には、高血圧、糖尿病、脂質異常症など、以前、成人病と呼ばれていた主に中年期以降に発症する疾患群のことです。

 

内科一般では感冒(風邪)、インフルエンザ、花粉症、アレルギー、貧血、高尿酸血症(痛風)などの診断と治療に力を注ぐと共に膠原病、関節リウマチ、甲状腺疾患などの診断に努め発見時には滞ることなく伊勢赤十字病院や市立伊勢総合病院などの専門外来への紹介を積極的に行っております。

 

外科も標榜しておりますが対象は切り傷、擦り傷、打ち身、虫刺されなどの比較的日常生活での軽度な疾病を対象とし専門的な加療を必要とする外傷や火傷は滞ることなく伊勢赤十字病院や市立伊勢総合病院などの専門外来への紹介を積極的に行っております。

 

その他、睡眠時無呼吸症の診断と加療、高度の呼吸器疾患に対する在宅酸素療法の導入や各種の健康診断、身体各部位の痛みに対するリハビリ機器による消炎鎮痛も行っております。

 

高血圧や脂質異常症が見つかれば当院では頸動脈エコーを積極的に行い血管年齢や頸動脈壁へのLDL(悪玉)コレステロールの沈着の有無、程度などを検査します。また、高齢の方や心疾患や不整脈の既往があったりして御心配な方には心エコー外来にて永年にわたり働き続けた心臓に支障がないかを検査しております。

 

平成29年4月吉日

木村クリニック院長

院長プロフィール

木村クリニック
院 長 木村 誠 (きむら まこと)

略歴

昭和 53年 三重大学医学部卒業

       三重大学胸部外科入局

昭和 54 年 公立豊岡病院胸部外科

昭和 55 年 三重大学医学部付属病院

昭和 59 年 三重大学医学部大学院卒業(胸部外科学)

平成 03 年 ハーバード大学付属マサチューセッツ総合病院留学

平成 07 年 厚生連松阪中央総合病院胸部外科

平成 11 年 山田赤十字病院胸部外科部長

平成 18 年木村クリニック開業 現在に至る

資格

医学博士               日本外科学会指導医

日本胸部外科学会指導医    日本呼吸器外科学会専門医

日本呼吸器学会専門医 日本気管支学会指導医

日本医師会認定産業医

PAGETOP