診療のご案内-禁煙外来のご案内
トップ > 診療のご案内 > 禁煙外来のご案内

禁煙外来のご案内

タバコはとても怖いという話です

 ※当院は認定施設ですので保険診療が可能です

ニコチンを利用しない禁煙治療薬(チャンピックス)が飲み薬として登場し非常に高い禁煙成功率が注目されてきています。当院では 700人以上の患者様が既に禁煙に成功して見えます!

御負担は初診 3 割負担の方で検査料込み  約 3,000円前後 (2 回目以降は 1,130 円 ) + 薬代(月々)約 5,000 円となります。治療期間は3ヶ月です。 お気軽にご相談ください

 

 

■タバコはとても怖いという話です

今回はタバコを吸う方々に少し怖い病気のお話をさせて頂きます。その病気の名前は COPD (シー・オー・ピー・ディー: Chronic 慢性 Obstructive 閉塞性  Pulmonary 肺 Disease 疾患 : 慢性閉塞性肺疾患 以下 COPD と呼びます)。 どうして怖いかといいますと大きく 4 点を上げます。

 

① この病気はタバコを吸い始めてから 20 年もかけていつの間にか忍び寄って きます。ある日突然息切れがするよとこっそりと本人に教えてくれます。 

② 日本には 700 万人の COPD 患者がいるとされていますが実際に治療を受けて いる人は 20 万人に過ぎず 600 万人以上もの多くの COPD 患者が見逃されたり気付かれずに放置されています。ようやく受診される頃には中等症以上に進んでいたりいきなり酸素療法(自宅に酸素供給器を置き外出時には酸素ボンベを引いて歩く)ということも時々あるようです。 

③ 美味しそうに吸うタバコの煙にはニコチン、タールをはじめ多くの有害物質が含まれますので煙を吸う度に気管支と肺胞は炎症というブルドーザーで次々と破壊され慢性気管支炎や肺気腫という修復の難しい病変ができあがってしまいます。

④  COPD は肺だけでなく全身に悪影響を及ぼします。肺癌の頻度が非常に高いだけでなく狭心症、心筋梗塞、栄養失調、骨粗鬆症、貧血、うつ病などを引き起こすのです。 実にタバコ愛好家の 10 ~ 20 %が COPD を発症しており、また、 COPD 患者の 95 %はタバコ愛好家です。

 

■ではどうしたらこの病気を見つけることが出来るのでしょうか。

最近いつもより少し多く動くだけや階段や坂道で息切れを感じおかしいなと思うことはありませんか。 咳や痰が続いていませんか。これらの症状があり、40歳以上の方で現在タバコを吸っているか、吸っていた方であれば是非受診して下さい。 COPD (慢性閉塞性肺疾患)の可能性が非常に高くなります。確定診断は受診して頂き呼吸機能をスパイロメトリーという検査器械で測って頂くだけで診断が可能です。吸って吐くだけの簡単な検査で 10 分ほどで済みます。値段も 3 割負担で 900 円、 1 割負担で 300 円と高くありません。肺の若さ(あるは老化)が判る肺年齢も同時に測定できます。

幸にして COPD との診断が下されなかったとしてもタバコはすぐに止めた方が良いと思います。なぜならタバコは習慣的な喫煙を始めてから 20 年かけて COPD を発症すると言われているからです。愛煙家の 20 代の方はこれからという 40 代に、 30 代の方は働き盛りの 50 代にあれ、息が切れる、おかしいなとなるとまづ COPD のお出ましです。また、最近若い女性の喫煙者が多いことも気に懸かりますがニコチンは肌の艶や張りを保つコラーゲンや Vitamine C (タバコ 1 本でビタミン C 25mg が消失)を破壊するので 10 年も経てば顔のシワが確実に増えます。そして不思議と女性愛煙家の皆様同じような顔貌になります。この顔は Smoker's face= タバコ顔として有名です。また妊娠、出産(早産、低体重児が 2 から 3 倍多い)への悪影響や  COPD は女性のほうが重症化することが判っており喫煙女性にとって禁煙は3倍お得(美貌を保つ、安全な出産、 COPD に罹らない。更にお小遣いが貯まる事も含めると 4 倍)といえます。

禁煙にはニコチンガムやニコチンパッチで苦い思い出がある方も多いと思いますが最近強い味方が現れました。チャンピックスという名前の錠剤です。チャンピックスは脳細胞の中のいつもニコチンが座る場所を先取りしてしまう薬でニコチンの行き場所がなくなってしまうためにタバコの味が不味くなり自然に禁煙できる不思議な薬です。副作用は女性に吐気が 10 人に 1 人か2人みられますが男性ではほとんど見られません。 3 ヶ月間しっかりと内服することでゴールとなり男性では約 9 割、女性では約 8 割の方々が禁煙に成功されております。

当院では禁煙外来を行っておりますので保険が利き 5 回の診察と薬代を含め 約 1 万 8 千円で治療が可能です。 1 日タバコ 20 本吸われる方は 1 ヶ月 9000 円の出費ですから禁煙に成功すれば 2 ヶ月で元が取れる勘定です。

不幸にして COPD との診断を言い渡された方でも悲観する事はありません。気管支を広げたり炎症をくい止めたりする良い吸入薬が開発されてきました。呼吸訓練や運動療法、栄養療法なども継続することで肺機能の低下を出来る限り食い止め快適な生活に戻れるようにすることが COPD 治療の最大の目的です。何よりもすぐに禁煙し残された肺を大事にすることが大切です。

さあ、皆さん、舘ひろしさんと一緒に禁煙しましょう。タバコを止めるのではなくニコチン依存症を治しましょう。

~健康維持のためにおすすめします~
医療法人こだま 木村クリニック 木村 誠
PAGETOP